「アウターリムキズ」カテゴリーアーカイブ

アルミホイールのアウターリムのキズの修理について。

アウターリム一周がじりキズ修理

アウターリムほぼ一周のがじりキズの修理です。
飛び出してきたネコをよけるためハンドルを切ったらホイールが縁石に当たりこのような事になったらしいです。

キズをサンダーで削り落とし、脱脂、溶接、形成、研磨、仕上げ、で完了です。

アルミホイール修理専門店 有限会社ホイールリペア矢吹

スピードスター マークIII 修理

懐かしいホイールです。「スピードスター マークIII」
14 x 9.5J・・・・タイヤサイズが気になります。^^;
それにしても曲がり、歪み、キズ、どれもひどい状態です。
じっくりと時間をかけて修理しました。

アルミホイール修理専門店 有限会社ホイールリペア矢吹

アウターリムキズ・曲がり・歪み修理

曲がり・歪みはそれぞれ3~4箇所ずつ、リアホイールはリムの2/3を溶接、フロントホイールに至ってはリム全周溶接・・・・
荒削り→形成→研磨・研磨・研磨でようやく完了

このホイールで厄介なのはリムが「中空リム(カールリム)」なところ
中空になっていると言う事はリムの中に空洞があり、このように打って曲がるとリムは潰れてしまいます。
潰れた箇所は戻す事が出来ないので溶接で盛って形を作りますが、可能な限り戻して少ない溶接にしないと
そこだけ重くなりバランスが悪くなる可能性が出てきます。



アルミホイール修理専門店 有限会社ホイールリペア矢吹

アウターリムがじりキズ修理




気持ちはとても良くわかります。
「自分で直せるんじゃない?」って思いますよね。
で、ペーパーで研磨して気づくんですよね・・・「やっぱり無理だ」って。

 

おそらく「無理」です。
研磨のみでキズを消してもリムはガタガタになるだけです。
溶接して形成して研磨、最低でもこれだけの工程が必要になります。
「自分で直せば修理代がかからない」と思うのはわかりますが、出来れば何も手を加えないでほしいです。
逆に余計な手間が増えて修理金額が高くなることもございます。



アルミホイール修理専門店 有限会社ホイールリペア矢吹